「わかりやすく・簡単に」書いていたつもりですが、全然でした

文章を書いて
行きたい!欲しい!と思っていただくために わかりやすく・簡単に

するといいというのは
頭では分かります。
 

 

ただ、
自分が分かっていることを
人にも分かるようにというのは
意外に簡単ではありません 例えば
うちの長男が小さいころ

空を差して
「あの、白!」
と言いました

「ああ、それは雲だよ」と言えばそれまでだったのですが

いつか覚えるからと
そのままにしちゃいました

もう彼が雲のことを
「白」とは呼ばないように

あなたが覚えた言葉を
「雲、っていったら雲でしょ」
みたいに
そのまま使っていないでしょうか

読んでくださる読者様
来てほしい未来のお客様
応援してくださっている方々

あなたのファンに向けて
分かりやすい言葉で
初めて来た人にもやさしい文章になるといいですね。

 

わかりやすく・簡単にが分かる
最短の近道は、他人からのフィードバックを受ける事です 実際に添削を受けられた方からの感想です

さっそくの添削ありがとうございます!

1つの記事でこんなにいっぱい丁寧に添削していただいて、とても嬉しく思います。

「わかりやすく・簡単に」書いていたつもりですが、全然でした。
その事がやっとわかりました。

1つづつ読み直して修正してまた連絡させていただきます。

人って
一度覚えた言葉は
使いたくなる生き物のようです。

それは
今までざっくりとした塊だったものを
一言で表すピッタリする言葉
だから

前にはなんて呼んでいたかを
忘れてしまう。

 

あなたのサービスを全く知らない人からのチェック

受けてみるといいかもしれません

今日も読んでくださりありがとうございます

 

]]>

フォローしてね!

投稿者プロフィール

meibundou
meibundou想いを文字にする文章アドバイザー
実は私自身が「書けない」人でした。
学生時代の読書感想文は苦手で後回し、会社に入れば報告書が書けなくなって退社。起業すればこんな文章で誰が来るかと一喝される・・・。
そんな私が今はSNSだけで毎月5件以上の申込みをいただけるようになったノウハウをおしみなく放出し、みなさまが「書けた!の未来」を手に入れるまで全力伴走しています。