ウソ八百でもなんとなく書けてしまう、日本語のスーパーワード「へもか」

今日のテーマは
ウソ八百でもなんとなく書けてしまう、日本語のスーパーワードについてです。

これはよく
週刊誌の表紙やスポーツ誌の見出しに使われます。

「鈴木あい、櫻井翔と再婚へ」
「鈴木あい、今期最高売上も」
「鈴木あい、綾野剛と共演か」

語尾が「へ」「も」「か」で終わる魔法の狼少年助詞。
ん? 狼少年女子?
声に出して読むと男なのか女なのか分からなくなってくる始末。

嘘っぽいのに信じて読んで「なんだったの?」のパターンですが
キャッチには使えます。
あんまりギャップがあると狼少年の物語のように
あいつ「うそばっかり」と信じてもらえなくなるので気をつけましょう。

また、流、風、〇〇式、という

「東大流勉強法」とか
「ハーバード風思考術」とか
「カリスマ主婦式ダイエット」とか

全くのウソではないそれっぽいものも作れます。

かなりブラックですが
「福山雅治風コンサルティング」

と書けば、全くのウソではないと言い張れるし、
所属事務所から訴えられても逃げられる可能性があります。
そこまで福山と書くなら、福山でなかったとしても
かなりなイケメンだろうと期待して申込み
違うじゃないかと訴えられても知りませんが。

他にも
「福山雉冶式コンサルティング」

二度見してしまうような
まぎらわしいのもあかんですね。
ものまね芸人の名前のようです。

へもか、流、式、風、は取り扱い注意です。
「米国産」にも時々騙されそうになる主婦からは以上です。

本日もお読みいただきありがとうございました。

★日程追加 プロが直伝 インスタ攻略講座
9月25日日曜日 13時00分ー2時間 オンライン
https://www.resast.jp/page/consecutive_events/7697/

フォローしてね!