1文字だけで文章が変わる【が】

文章スタイリスト 鈴木あいです

次の言葉、イメージしてみてください

「多い」
「はねる」「ふくらむ」「ボサボサ」

何を思い出しましたか?

多くの方は「髪の毛」ではないでしょうか

最近いつ美容室に行きましたか?

私はショートにしてから一か月に1回は美容院に行かないと

髪の収拾がつかなくなってしまったのですが

女性の方なら

1~6か月に1回は美容院に行きませんか

どうしようもなかったらプロにたのむ

髪の毛って頭の後ろもあるから自分ではなかなか。

他にもお片付けとか

お掃除とか

心のモヤモヤとか

どうしようもなかったら

プロにたのむのではないでしょうか

髪の毛は月1でサロンに、文章は?

「多い」

「はねる」

「ふくらむ」

「ボサボサ」

「ぺちゃんこ」

これが文章だったら?

いろいろやってみても

どうしてもうまくいかない!

そんな時は文章の美容室があったらいいなと思いませんか

たとえばこんな1文字でも違います

【例】

雨降ってきて寒いなぁ。

言った言葉には「が」がないかもしれませんが
読者に頭の中で補いながら読ませるのは
脳の負担になってしまいます。
さらに
こちらの意図と違う意図をとってしまうこともありますので、
どうしてもの時以外はこちらで補っておきます

【アフター】

雨が降ってきて寒いなぁ。

いかがでしたでしょうか
ほんの少しで変化があります。

美容院にいったみたいに文章がスッキリ」はこちら

]]>

フォローしてね!

投稿者プロフィール

meibundou
meibundou想いを文字にする文章アドバイザー
実は私自身が「書けない」人でした。
学生時代の読書感想文は苦手で後回し、会社に入れば報告書が書けなくなって退社。起業すればこんな文章で誰が来るかと一喝される・・・。
そんな私が今はSNSだけで毎月5件以上の申込みをいただけるようになったノウハウをおしみなく放出し、みなさまが「書けた!の未来」を手に入れるまで全力伴走しています。