人が動く言葉を見つけるということ

先日見た動画でおもしろいものがありました。
アメリカであった実話をアニメ化したものです。


全盲のホームレス男性が
道の片隅で
『私は目が見えません、助けてください』
という段ボールの看板を出して座っています。
1日座っていても時々小銭が入るだけ。
でも一人の女性が近づいてきて
段ボールの文字を書き換えました。
なんと書いてあるか男性には分かりません。
ただその後、お金を入れてくれる人が
とっても増えたのです。

後日また女性が現れた時に
男性は聞きました。
「なんと書いてあるのですか」
『今日は素晴らしい日ですね。でも私はそれが見えません』

 

意味は同じです。
書いてある言葉が違うだけで
人々の反応が変わった。

 

言いたいことっていっぱいあると思う。
でも相手を動かす言葉は
工夫する必要がある。
そして
小手先のテクニックや小難しい言葉でなく
シンプルに響く言葉というのもまた
存在するものなのですね。

 

そして
意外と自分では見つけにくいものなのかもしれません。

]]>

フォローしてね!

投稿者プロフィール

meibundou
meibundou想いを文字にする文章アドバイザー
実は私自身が「書けない」人でした。
学生時代の読書感想文は苦手で後回し、会社に入れば報告書が書けなくなって退社。起業すればこんな文章で誰が来るかと一喝される・・・。
そんな私が今はSNSだけで毎月5件以上の申込みをいただけるようになったノウハウをおしみなく放出し、みなさまが「書けた!の未来」を手に入れるまで全力伴走しています。