思い通りに人を動かす文章とは?

たくさんの人に伝わるってどのくらい?

多くの人に伝わる文章
思い通りに人を動かす、というと
テクニックが必要なように聞こえますが
実はカンタンです。
私は以前
小学校のパソコンの授業サポートをしていました
30人~40人の子どもたちにまず
何をやるか説明します
その後に子どもたちが実際に自分のパソコンを操作します。

説明がイマイチだとできない子が増えて
一人一人フォローに回る
できた子は待っていないとならない
時間がどんどん過ぎていく・・・
ということが起きました。
逆に90%以上の子どもたちに伝わるように説明ができると
フォローに回るのも待っていてもらうのも短時間で
スムーズに授業が進みました。

状況がいろいろあるので
100%とはなかなかいきませんが
最初の段階でより多くの人に
伝えておくと後がスムーズです

90%以上の人に伝わる文章とは

ラジオ体操の案内がまわってきて
こんなことが書いてありました。

なお、最終日の30日に子どもたちにジュースを配ろうと思いますので
ラジオ体操初日に100円ずつお持ちください。

さてこの文章を読んで
するべきことはなんでしょうか。

今のままでは分からないことはないのですが
二度ほど読まないと何をするのか
確認できません。
最後の日に100円持ってくるのかと
もしかしたら読み違える人がいるかもしれません。

 

読み間違いが多くなる3つの理由

上の文章が読み間違いそうになる
理由は3つあります。
①1文が長すぎる
②人は最初の文が頭に残りやすい
③日付に関わることが3つある この3つの点を改善すれば、
主催者の意図が伝わり、
当日のイベントがスムーズに進むと思いませんか

 

文章を読みやすくメイクアップするには?

ではまず
1文を短くしてみましょう

なお、最終日の30日に子どもたちにジュースを配ろうと思います。
ラジオ体操初日に100円ずつお持ちください。

2文に分けただけで随分読みやすくなりました 次に一番いいたいこと、してもらいたいことを
先にしてみます

ラジオ体操初日に100円ずつお持ちください。
最終日の30日に子どもたちにジュースを配ろうと思います。

100円持ってくることが分かりやすくなりました
しかし、いつ持っていくのかは
書類を二度見してしまいます
日付の整理をしてみましょう

28日に100円ずつお持ちください。
最終日に子どもたちにジュースを配ろうと思います。

いかがでしょうか。
これで90%以上の人が迷わずに
100円ずつ初日に持ってきてくれそうですよね 思い通りに人を動かすって
何も心理学や〇〇術は要りません。
一番やって欲しいことを
端的に伝えるって
こんなカンタンなことでできます
まとめると

① 1文を短くする
② 大事なことを先に伝える
③ 似た言葉を整理する

人が集まる場所では
なるべく大勢がこちらの意図通りに動いてもらうと
イレギュラーの対応も落ち着いてできます。 話し言葉は一度言ったら消えませんが
書き言葉は何回も書き換えることができます。

書く順番を変えるだけ
ふだんの文章がガラっと進化しますので
ぜひやってみてください

終わりに

伝わっているのか伝わるのか
自分では意外と分からないものです。
思い通りに人を動かす文章 
プロの眼からのフィードバックを受けると
高い反応をいただけるようになります

ご興味のある方はこちらをクリック 夏休みの読書感想文攻略はこちら

]]>

フォローしてね!

投稿者プロフィール

meibundou
meibundou想いを文字にする文章アドバイザー
実は私自身が「書けない」人でした。
学生時代の読書感想文は苦手で後回し、会社に入れば報告書が書けなくなって退社。起業すればこんな文章で誰が来るかと一喝される・・・。
そんな私が今はSNSだけで毎月5件以上の申込みをいただけるようになったノウハウをおしみなく放出し、みなさまが「書けた!の未来」を手に入れるまで全力伴走しています。