良いものを持っていても伝わらなければ意味がない

モバイル端末を持つ個人は84%

平成30年版、総務省の情報通信白書によると
携帯やスマホなどの通信機器を持つ個人は
日本人の84%
幼児や、何らかの理由で必要のない方をのぞけば
ほぼ「みんな持っている」状態ではないでしょうか。

検索してからモノを買う時代

手元でいつでもネットで検索。
まずは検索して良さそうかどうか、
他にお得なところはないか、
評判はどうかまで、
調べようと思えば、いくらでも調査できる時代です。
調べたい人は、質を求め、ハズレのないように、
モノや人を選びつくしています。

似たようなものが似た値段で似た場所にあったら

同じような条件でモノがあった時に
人はどこから選ぶでしょうか
値段、もありますが
調べつくす人であればあるほど、
何が書いてあるかを重視しているものです

ただ置いてあるだけでは価値が伝わらない

良ければ売れる時代は昭和の時代

平成の30年間でインターネットは
日本中に普及し、手元でいつでもの時代になりました
検索されたらその後
何が書いてあるか
最重視される時代なのです。
しかもAiによって機械からも
何が書いてあるかが重視されています

あなたの良さを文字でお客様に伝えるために

もしも伝わりにくいと感じる場合は
文章がこんなパターンに陥っているかもしれません。
1分間で文章チェック
進化ポイントが分かります

]]>

Follow me!