印象に残る自己紹介のひみつ

自分のいいたいことを
どれだけシンプルに伝えるか。
これは意外と簡単ではないです。

理由は
・たくさんありすぎてまとまらない
・しっている前提で始めてしまう
・自分のことは意外とよくわかっていない
など、

逆に、まとめすぎて
「いろいろやっているので
続きはホームページやブログを読んでね」
なんていうのも、
より煩雑になってしまっています。

どこを切り取って紹介するか
これは重要なので
じっくり考えたいところですが、
サクっと作った方が上手くいくんです。

昨日行った
文章のブロックパズル講座では
5人の方が自己紹介を30分ほどで作成しました。

Mさんのを紹介させていただくと、こんな感じでできあがりました。
ーーーーーー

私は、フリーランスで映像の翻訳の下訳の仕事をしています。登場人物の話していることを訳したり、映像に映っているものをリサーチして日本では何と呼ばれているか確認して訳したりします。また、字幕をつけた訳を最終的に、ニュアンスが合っているかの最終チェックに立ち会います。


お客様からはよく、仕事がていねい、リサーチがしっかりしていると言われます。また、最終チェックしてもらってよかったですと言われます。


自分の訳が、よりより字幕につながるとよいなと思っています。ぜひ一度ご依頼ください。

ーーーーーーー

こちらは239文字。原稿用紙 約半分の長さ
読むと約30秒です。
短いですが、わかりやすいし、伝わってきますよね。

ご本人はこんなふうに感想を書いてくださいました。

ーーーーーーー
あがり症なので、リアルでの自己紹介は言いたいことがうまくまとまらなかったし、どう云ったらいいかわからなかったのですが、ブロックパズルはシンプルに作られているので、それにそってまとめていったら、作れました。シンプルなほうが、人には伝わりやすいのだとわかりました。紹介するために自分のしていることを見つめ直すきっかけになりました。
ーーーーーーー

他のみなさんの感想は

ーーーー 最初は会社員として書いていたのですが、 もっと他に書きたいことがある! と変更して朗読のことで書きました。   「3つのブロックのボリュームを同じにする」ことで、バランスの良い自己紹介ができるようになるんですね。 お客さまの声をだすのが苦手な私ですが、 ここをしっかりと伝えたいと思いました。   そして 「自己紹介はいくつかパターンを用意するのがいい」とのことなので、 他の仕事や、趣味を入れた自己紹介を作っていきます。 今までよりも取り掛かりやすくなりました!

(ゆみさん)

ーーーーーーーー
自己紹介って難しく考えがちだけど、この3つのブロックをうまく使えば簡単に書けるな、って思いましたし、あいさんにほめられうれしかったです。
自分の仕事の特徴、お客様からの声、これからの展望を伝えれば、そういうヒトだと記憶していただけそうです、ブランディングですね。
自分の仕事の特徴を今一度考える善き機会となりました。
これから、この3つのブロックをうまく使って文章を作ります。
講座中に時間をはかり、文章を考えるのは、善き訓練にもなりますね。
ダラダラ考えずに時間を測り時間内に書く習慣も良いな、と思いました。

(あおさん)

ーーーーーーー

★印象に残る自己紹介を作ろう!思考のブロックパズル体験会
次回はリニューアル準備中です。
本講座は受付中

探偵のブロック、アナウンサーのブロック、セールスマンのブロックなど
ワークをしながら
ふだんから意識して伝わる文章のしくみを
身につけて書ける思考をつくります。

【伝わる文章を書きたい人のための思考整理術講座】
文章のブロックパズルでは
たった3つのブロックと楽しいワークで
あなたの伝わる力がその日から変わります。
https://resast.jp/page/consecutive_events/17347
6月11日、25日、7月9日 土曜開催 オンライン   本日もお読みいただきありがとうございました。

☆………☆………☆………☆………☆………☆ 明文堂は「1分で読める」時短文章プロデュースが強みの会社です。 言葉で次のステージへ行きたい方へ ”ラブレターの代筆”や”大人のための文章講座”を提供しています。  私たちのサービスをご利用いただくと 書くことに悩んでいる人が 人の心を動かす文章を書けるようになる安心を  6年間2000通以上、今日も毎日メルマガを発行し続けている私から手に入れることができます。



【特別なお知らせ】
新しいリアル文章講座の日程が決まりました
6月21日(火)大阪 
おたのしみに!

フォローしてね!

投稿者プロフィール

meibundou
meibundou想いを文字にする文章アドバイザー
実は私自身が「書けない」人でした。
学生時代の読書感想文は苦手で後回し、会社に入れば報告書が書けなくなって退社。起業すればこんな文章で誰が来るかと一喝される・・・。
そんな私が今はSNSだけで毎月5件以上の申込みをいただけるようになったノウハウをおしみなく放出し、みなさまが「書けた!の未来」を手に入れるまで全力伴走しています。