ドラゴン桜から学ぶ、相手が動くコミュニケーション

こんにちは
漫画ばっかり読んでいる文章プロデューサー
鈴木あいです。

朝から無料で「ドラゴン桜」を読んだあと
「ファブル」に610円課金してしまったダメな私。
今日もがんばります。

「ドラゴン桜」は元暴走族の弁護士・桜木が(ドラマでは阿部寛)
偏差値30代の不良学生を東大受験のための特別進学クラスに入れ
画期的かつ効率的な方法で東大合格へと導く話です。

金持ちの家の三男、矢島くん。
上の二人は優秀だったことから、少しひねくれた不良学生です。
賄賂を使って、学校を動かそうとしている父親を汚いヤツと思っています。

しかし桜木は
「金にきれい、汚いもない 金は金だ。
 問題はそれを使うのは目的と手段。
 金はただの道具にすぎない」
と跳ね返します。

それでも納得のいかない矢島くんに桜木は 論拠を持たない、
感情をぶつけるしかない愚かなヤツだと畳みかけます。
少し気づいた矢島くんは
今までただ、「うるせえな」と反発していただけのお父さんに
きちんと論理立てて話をすることができました。

「いろいろと心配してくれるのはありがたいけど
 今の自分のペースと崩したくないんだ。だから
 この受験は自分の力でやり遂げたい、そのように頼む」

お父さんは「わかった」とだけ答えます。

今まで子供でわかっていないやんちゃな息子が
ちゃんと論理立てて話せていることで
気持ちが伝わったようです。

「うるせえ」とひとことで済ませてしまうのは
感情的であり、まとめすぎであり、
相手に伝わりません。

「いろいろと心配してくれるのはありがたいけど(相手を承認)
 今の自分のペースと崩したくないんだ。(自分の考え)  
 だからこの受験は自分の力でやり遂げたい、そのように頼む」(相手にしてほしい行動)

3つがセットになっていることで
相手に伝わり、動いてくれるようになりました。

仕事の場面だけではなく、
特に身近な人に対して、
「何回も言ってるのに、なぜ分からないの?」 など、感情で接していないでしょうか。

また、論理的にしたいと思いながらも
実はどうやって話せばいいのか
どうやって書けばいいのか
分からないまま時を過ごしていることはないでしょうか。

【人を動かす文章を書きたい人のための思考整理術講座】
文章のブロックパズルでは
伝わりやすい言葉の組み合わせ方を
実践的に学び、日常で使えるようになる思考が手に入ります。

ただいま2期、3期生募集中。
日程の組み合わせもできますので、お好きな時間で受けてください。

本日もお読みいただきありがとうございました。

【人を動かす文章を書きたい人のための思考整理術講座】
文章のブロックパズル
カウンセリングやコーチングにも役立つお悩み解決のブロックを手に入れます。


https://resast.jp/page/consecutive_events/17347

オンライン講座 募集開始 詳細は上の画像をクリック

フォローしてね!

投稿者プロフィール

meibundou
meibundou想いを文字にする文章アドバイザー
実は私自身が「書けない」人でした。
学生時代の読書感想文は苦手で後回し、会社に入れば報告書が書けなくなって退社。起業すればこんな文章で誰が来るかと一喝される・・・。
そんな私が今はSNSだけで毎月5件以上の申込みをいただけるようになったノウハウをおしみなく放出し、みなさまが「書けた!の未来」を手に入れるまで全力伴走しています。